むち打ちにも種類がある

診断後遺障害の認定を受けるには、医師が診断し医学的に証明できることが条件ですから、目に見えない証拠がないむち打ちは後遺障害認定が難しくなります。しかし目に見えないとしても、交通事故が原因でむち打ちになる可能性は十分にありますし、治療の状況や検査結果などを踏まえて、後遺障害と認定することはできます。むち打ちといっても、人により症状が違いますので、等級は人による違いも出てきます。

そもそもむち打ちだとわかっていても、実際にはむち打ちというのは正しい病名ではありません。診断でくだされるのは、頸椎捻挫という病名です。目に見えないので、被害者がいくら痛みやしびれを主張しても、それが立証できないと後遺障害とは認められないケースもあります。

仮に後遺障害と認められたとしても、人によって後遺障害12級の人もいれば、14級の人もいます。後遺障害の認定を受けるには、所定の検査が必要ですが、被害者が後遺障害だということを訴える、被害者請求という手続きが必要です。痛みやしびれがあることを主張する内容ですが、書類を書くにもポイントがあります。この場合は、弁護士に依頼すると上級の後遺障害認定を獲得できる可能性がアップします。

むち打ちについて

交通事故が原因で、後遺障害が残ってしまった場合、それを医師に証明してもらわないといけません。後遺障害には1級~14級までレベルがあり、症状によって等級が異なります。後遺障害の等級は、14級が一番軽く、1級が最も重いものです。1級の場合は神経的な症状だけでなく、精神的な障害も併発することが多く、介護を必要とするなどかなり重くなります。介護を必要としないケースもありますが、それでも体の1部を失ったり、失明したりと症状はかなり重くなります。

むち打ち14級だったとしても、治療をしても回復の見込みがない状態ですから、事故に遭う前の状態に戻すことはできません。傷が癒えても目立つ傷跡が残る、神経症状が残るなど決して軽いわけではありません。

交通事故による後遺障害で多いのは、むち打ちです。後ろから追突された場合に多い後遺障害ですが、むち打ちは被害者本人が痛みを訴えていても、それが目に見える症状ではないため、診断が非常に難しくなります。骨や筋に異常がある場合は、レントゲンを撮ると異常が確認できますが、むち打ちはレントゲンを撮っても異常が確認できません。痛みやしびれという確かな症状があるのに、それが本人以外には確認できないのが特徴です。

後遺症との違い

交通事故に遭い被害者となった場合、事故の状態にもよりますが衝撃が大きいほど体に負うダメージも大きくなってしまいます。まさか自分が交通事故の被害者になるとは、予測していませんので、事故直後は興奮した状態でアドレナリンが多く分泌されます。この状態だと怪我をしていても痛みを感じないので、事故直後は外傷を負っていない限り内面的なダメージを感じないものです。

しかし時間が経って興奮状態が収まってくると、内面的なダメージを負っていた場合痛みを感じるようになります。これを後遺症といいます。人によっては事故直後に痛みを感じることもありますが、一旦痛みが消えても、機能障害や神経的な症状が残った場合は後遺症と診断されます。

後遺障害もう一つ後遺障害というのがありますが、後遺症とは少し事情が違ってきます。後遺症は治療をして回復する見込みがあるのですが、治療しても回復する見込みがない場合は、後遺障害となります。つまり後遺症は一時的なもの、後遺障害は一生残る症状ということになります

後遺障害は交通事故との因果関係が明らかで、医学的に証明できることが前提です。等級が重いほど日常生活への影響はおおきくなってしまいます。後遺障害と認定された場合は、加害者に対し逸失利益と、後遺障害に対する慰謝料の請求ができます。

交通事故後遺障害とは?

車を運転している以上、誰にでも交通事故に遭う可能性はあります。安全運転を心がけていても、まさか事故に遭うとは思っていないので常に身構えているとは限りません。突然加害者が追突や衝突してきたら、予測していない分衝撃も大きくなります。

交通事故交通事故直後は気が張っていて気づかないことも多いですが、事故からしばらく時間が経って気が緩んだ時に急に痛みが出たり、数日たっても痛みや障害が残ったりした場合、後遺症の可能性が高くなります。交通事故が原因で後遺症が残る場合もありますが、後遺障害とはまた少し違ってきます

それまで何の異常もなかったのに、交通事故の被害に遭ったことが原因で機能障害や神経的な症状が出ると、日常生活に支障をきたすこともあります。後遺症か後遺障害なのかによっては、その後の生活や仕事にも与える影響は変わってきます。当然交通事故が原因ですから、加害者に対し損害賠償を請求できます。

ただし後遺障害なのか後遺症なのかについては、医師の診断が必要です。後遺障害には等級があって、その等級によってもいろいろなことが変わってきます。交通事故の被害者になり後遺障害となった場合、症状が出るタイミングは人によって違うので、だいぶ時間が経ってから実は後遺障害だったとわかることもあります。そのため交通事故の被害に遭い、示談交渉をする場合はすぐに応じない方がいいと言われています。交通事故による後遺障害について詳しく解説します。