むち打ちにも種類がある

診断後遺障害の認定を受けるには、医師が診断し医学的に証明できることが条件ですから、目に見えない証拠がないむち打ちは後遺障害認定が難しくなります。しかし目に見えないとしても、交通事故が原因でむち打ちになる可能性は十分にありますし、治療の状況や検査結果などを踏まえて、後遺障害と認定することはできます。むち打ちといっても、人により症状が違いますので、等級は人による違いも出てきます。

そもそもむち打ちだとわかっていても、実際にはむち打ちというのは正しい病名ではありません。診断でくだされるのは、頸椎捻挫という病名です。目に見えないので、被害者がいくら痛みやしびれを主張しても、それが立証できないと後遺障害とは認められないケースもあります。

仮に後遺障害と認められたとしても、人によって後遺障害12級の人もいれば、14級の人もいます。後遺障害の認定を受けるには、所定の検査が必要ですが、被害者が後遺障害だということを訴える、被害者請求という手続きが必要です。痛みやしびれがあることを主張する内容ですが、書類を書くにもポイントがあります。この場合は、弁護士に依頼すると上級の後遺障害認定を獲得できる可能性がアップします。